rockmusic_entry

2009年にリリースされた洋楽アルバム・シングルを中心に、「かっこいい!洋楽」を8曲ほど集めてみました!「かっこいい」といっても様々ですが、主にアップテンポで爽快なサウンド、美しく躍動的なメロディ、骨太なボーカルの濃いものから美メロ系までロックやポップを中心に選んでみました。

※(追記)R&B、ヒップホップ等は記事『美メロが妙にかっこいいR&B・ヒップホップ・ラップ15選+1』もどうぞ!

音楽情報サイトBARKSで「洋楽ロックを聴くと足が速くなる?」という記事が出ていましたが、やはりかっこいい音楽を聴くとテンションあがります!!

#8 “Burn It to the Ground” By Nickelback
ニッケルバック/バーン・イット・トゥ・ザ・グラウンド
観衆の熱狂が伝わるニッケルバックの “Burn It to the Ground”
カナダ出身のモンスターバンド、ニッケルバック(Nickelback)の6thアルバム「ダークホース」(Dark Horse)に収録されている曲”Burn It to the Ground”。なんといってもボーカルのチャド・クルーガー(Chad Kroger)の骨太でエネルギッシュな歌声がたまりませんが、PV動画でバックコーラスと化している観客の熱狂振りがすごいですね!かっこよさに鳥肌が立ちました!!
 
ちなみにバンド名の由来は、ベースのマイクがスターバックスでアルバイトしていたときによく口にしていた「Here’s your nickel back.(おつりの5セントです)」からきているそうです☆
NICKELBACK DARK HORSE
ニッケルバック/ダーク・ホース
#7 “Not Meant to Be” by Theory of a Deadman
セオリー・オブ・ア・デッドメン/ノット・メント・トゥ・ビー
映画『トランスフォーマー/リベンジ』のサントラにも起用!セオリー・オブ・ア・デッドメン”Not Meant to Be”
セオリー・オブ・ア・デッドメン(Theory of a Deadman)は、ニッケルバックのヴォーカリストのチャド・クルーガーが全面バックアップし、2002年に1stアルバム「Theory Of A Deadman」をリリースしデビューしたカナダ出身のロックバンド。
 
映画「スパイダーマン」(曲名”Invisible Man”)や、映画『トランスフォーマー/リベンジ』(曲名”Not Meant to Be”)のサントラに、ニッケルバック(※映画『スパイダーマン』ではニッケルバックとしてではなくチャド・クルーガー)と共に起用されており、ニッケルバックと比較されることもよくあるようです。
 
“Not Meant to Be”は、3rdアルバム「Scars & Souvenirs」に収録されている壮大なバラードで、どんなに愛を伝えようとしてもその気持ちを伝えることができない悲壮感を壮大なタッチで力強く描いたもの。
THEORY OF A DEADMAN Scars & Souvenirs
セオリー・オブ・ア・デッドメン/スケアーズ・アンド・スーブニアーズ
#6 “Battlefield” by Jordan Sparks
ジョーダン・スパークス/バトル・フィールド
実はバラード!ジョーダン・スパークス「バトル・フィールド」
ジョーダン・スパークス(Jordin Sparks、1989年12月22日生まれ)は、米・人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン6(当時17歳)で優勝したR&B、POPを主体としたアメリカのシンガー・ソングライター。
 
デビュー・アルバム「ジョーダン・スパークス」では、2008年アメリカン・ミュージック・アワード(American Music Award)でアダルト・コンテンポラリー部門「Favorite Artist」賞を受賞する他、2009年グラミー賞では「Best Pop Collaboration With Vocals」賞でノミネート。同アルバムからリリースされたシングル「タトゥ」、「ノー・エア」(featuring クリス・ブラウン)、「ワン・ステップ・アット・ア・タイム」では全米TOP5入りを果たしています。
 
この曲「バトル・フィールド」(”Battlefield”)は、今年7月にリリースされた2ndアルバム「バトル・フィールド」(”Battlefield”)からの1stシングル。愛しているのにいつも些細なことから傷つけあってしまう複雑な恋愛感情をリアルで力強いタッチで描いたものです。
JORDAN SPARKS Battlefield
ジョーダン・スパークス/バトル・フィールド
#5 “Love Drunk” by Boys Like Girls
ボーイズ・ライク・ガールズ/ラブ・ドランク
爽やか系バンド、ボーイズ・ライク・ガールズの「ラブ・ドランク」
ボーイズ・ライク・ガールズ(Boys Like Girls)は、米マサチューセッツ州ボストン出身のロック、パンクを主体とした四人組バンド。2006年に1stアルバム「Boys Like Girls」でインディーズデビューするも、あまりの人気ぶりにメジャーから同アルバムを再リリースし、全米で70万枚突破を記録。

この曲”Love Drunk”は、その2ndアルバム「Love Drunk」収録曲。透き通るクリアなボーカルに、爽やかで美しいメロディ、そして青春を生きる等身大のピュアな歌詞が魅力です☆

ちなみにバラードになりますが、テイラー・スウィフトフューチャリングによる曲「Two Is Better Than One」とても美しく心に響きます!
Boys Like Girls Love Drunk
ボーイズ・ライク・ガールズ/ラブ・ドランク
#4 “Hero” by Skillet
スキレット/ヒーロー
新メンバーのジャンの歌声が光るスキレットの「ヒーロー」
スキレット(Skillet)は、1996年に米テネシー州メンフィスで結成されたアメリカの男女各々2名からなる4人組のクリスチャン・ロックバンド。リードボーカルのジョン・クーパー(John Cooper)、ボーカル兼ギタリスト、キーボーディストのコーリー・クーパー(Korey Cooper)、リード・ギタリストのベン・カシカ(Ben Kasica)、ドラマー兼ボーカリストジェン・レジャー(Jen Ledger)からなり、ジョンとコーリーは夫婦です。
ジェン・レジャー(Jen Ledger)は、この8thアルバム「Awake」(2009)から、脱退したドラマーのLori Petersに代わって新たに加わったメンバー。彼女の凛としたエモーショナルなボーカルが、深遠かつ情感溢れるコーリーのボーカルと相まって、重厚かつ威風堂々としたサウンド、濃厚で豪放なジョンのボーカルと絶妙な調和を生み出し、壮麗かつ多彩な世界観を演出しています。
このアルバム「Awake」はジェンの新たな参加により、また新しい魅力が増したアルバムに☆ジャケットがやや気になるのですが、とにかくかっこいい曲が凝縮されています!PV動画はないのですが、個人的には”Awake and Alive”が最も気に入っています。

海外ファンの間では”Monster”が人気のようです☆
SKILLET AWAKE
スキレット/アウェイク
#3 “If Today Was Your Last Day” By Nickelback
ニッケルバック/イフ・トゥディ・ワズ・ユアー・ラスト・ディ
かっこいいだけじゃないニッケルバック”If Today Was Your Last Day”
ニッケルバック(Nickelback)の6thアルバム「ダークホース」(”Dark Horse”)からのリリースされた2ndメジャーシングル。チャドの力強く重厚感ある歌声、曲のメロディの美しさは勿論、「もし今日が君の最期の日だったら」と題しているように、日々毎日を自分の人生の最期の日であると思い生きることの大切さを訴える内容になっており、メッセージ性の強いものになっております。
 
PV動画の中でもそれが強調されていますが、”毎日を自分の最期の日と思って生きる”というのは、誰かに言われた人生を生きることではなく、自分が真に欲する人生を生きることを意味するものであると表現しているようです。
 
この歌詞を聞いて思い出したのが、同じくニッケルバックの“Savin’ Me”のPV動画。ニッケルバックのPV動画は非常にストーリー性、メッセージ性があるものがあり、とても気に入っています☆
NICKELBACK DARK HORSE
ニッケルバック/ダーク・ホース
#2 “No Surprise” by Daughtry
ドートリー/ノー・サプライズ
力強く壮大なバラード!ドートリー”No Surprise”
ドートリー(Daughtry)は、米・人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン5のファイナリスト、クリス・ドートリー(Chris Daughtry、1979年12月26日生まれ)をメインボーカルに、「アメリカン・アイドル」の全面バックアップのもと2006年に結成されたロックバンド。クリスは「アメリカン・アイドル」ではセミ・ファイナルで敗退するも、ドートリーのバンドとしてデビューするや否や全米を代表するモンスター・バンドへと上り詰めた実力派アーティスト。まさに試合に負けて勝負に勝つ?!
 
“No Surprise”は、愛し合う二人が厳しく困難な現状に直面しながらも、今まで大切にしてきたかけがえのない時間を振り返りながら、それを乗り越えようとしていく力強くそして深い愛情が描かれたバラード。もう、なんかいろんな意味で素敵です。本当にいい曲だ…。このアルバムはこの”No Surprise”の曲に限らず、非常に完成度が高い楽曲がぎっしり詰まったアルバムに仕上がっており、かなりオススメのアルバムです☆
 
ちなみに「ノー・サプライズ」他数曲がニッケルバックのチャド・クルーガーとの共作とのことです!
Daughtry No Surprise
ドートリー/ノー・サプライズ
#1 “New Divide” by Linkin Park
リンキン・パーク/ニュー・ディバイド
今年1番の興行収入で独走中の映画『トランスフォーマー/リベンジ』の主題歌リンキン・パークの”New Divide”
日本でもかなり知名度の高いリンキン・パーク(Linkin Park)ですが、この曲はご存知、映画『トランスフォーマー』の続編映画『トランスフォーマー/リベンジ』の主題歌”New Divide”。映画『トランスフォーマー』の主題歌”What I’ve Done” に続き、再びマイケル・ベイ監督とタッグを組んだものです。
 
この曲に関する日本特設サイトがあり、日本語訳付のPVフル動画やメイキングビデオが丸ごと視聴できます!
 
【NEW DIVIDE日本特設サイト】http://wmg.jp/revenge/
 
ちなみに今回記事で紹介している曲3曲がこのサントラに収録されているようです。
Linkin Park New Divide
リンキン・パーク/ニュー・ディバイド
関連記事

記事『美メロが妙にかっこいいR&B・ヒップホップ・ラップ15選+1』(2011.6.12)

3 Comments to “かっこいい!しびれる洋楽8選(2009)”

INFORMATION

現在更新を休止しております。

人気記事 TOP10

カテゴリー

»VOICEログインページ

Site5 | Experts In Reseller Hosting.
Ads by Sitemix