「One Direction Returning with New Album in November」on Billboard

重大発表を予告していた英ワン・ダイレクション(One Direction)が、昨日(英国時間23日)、待望の第2弾最新アルバム『Take Me Home』(国内盤『テイク・ミー・ホーム』、国内・限定盤『テイク・ミー・ホーム – リミテッド・イヤーブック・エディション』)を今年11月にリリース、またそのリード・シングル曲となる最新シングル曲「Live While We’re Young」を英国時間9月30日、米国時間10月1日にリリースすることを発表。


»(2012.9.20追記)最新シングル曲「Live While We’re Young」ミュージック・ビデオ公開

(※2012.9.3追記)第2弾最新アルバム『Take Me Home』イギリス11月12日、アメリカ11月13日、日本11月14日リリース(※リリース日は現地時間)。
(※2012.8.24追記)最新シングル曲「Live While We’re Young」を日本で日本時間10月3日よりデシタル配信。

また自身のYouTubeチャンネルでメッセージ動画を投稿したワン・ダイレクションは「みんな、本当に心からありがとう、みんななしでは今の僕たちはいないよ、本当にありがとう」と感謝の言葉をファンらに贈りました。

全世界で社会現象を巻き起こし、全米ビルボード総合アルバムランキング「Billboard 200」で初登場第1位の歴史的快挙を達成した他、世界各国で首位独占を叩きだしたデビュー・アルバム『Up All Night』に続く第2弾最新アルバム『Take Me Home』では、 ケイティ・ペリー(Katy Perry)『Teenage Dream』等の米音楽プロデューサー兼ソングライター、Dr.ルーク(Dr. Luke)、ピンク(Pink)「So What」、マルーン5(Maroon 5)「Payphone」等のスウェーデン音楽プロデューサー兼ソングライター、シェルバック(Shellback)、ビヨンセ(Beyoncé)の「If I Were a Boy」のドイツの音楽プロデューサー兼ソングライター、トビー・ガッド(Toby Gad)ら、世界に誇る豪華すぎるヒット・メーカーが集結。

ソングライターには、英ポップ・ロックバンド、マクフライ(McFly)のフロントマン、トム・フレッチャー(Tom Fletcher)を迎える他、前作「Moments」で作詞作曲を手がけた英人気シンガー・ソングライター、 エド・シーラン(Ed Sheeran)をはじめ、「What Makes You Beautiful」、「One Thing」を手がけた米ソングライター、サヴァン・コーチャ(Savan Kotecha)とスウェーデンのソングライター、ラミ・ヤコブ(Rami Yacoub)、スウェーデンのソングライター、カール・ファルク(Carl Falk)のチームが前作に続き再び作詞作曲。

「What Makes You Beautiful」、「One Thing」に続いて、そのサヴァン・コーチャ、ラミ・ヤコブ、カール・ファルクが手がける同アルバムリード・シングル曲「Live While We’re Young」では、「直感的でいて、滑らかなハーモニーを根底に、エネルギッシュなロックがミックスされた」楽曲となり、「今を生きる」ことについて謳ったものになると報じられています。

(記事)”One Direction To Drop ‘Live While We’re Young’ In October” on 米MTV
ワン・ダイレクションは、米国時間来月9月6日に米LAステイプルズ・センターにて開催される音楽祭「MTVミュージック・ビデオ・アワード2012」(2012 MTV Video Music Awards、VMAs)授賞式で自身初となるVMAsライブ・パフォーマンスを披露する予定。

「MTVミュージック・ビデオ・アワード2012」(2012 MTV Video Music Awards、VMAs)米公式サイト

同授賞式には、ピンク(Pink)、アリシア・キーズ(Alicia Keys)、グリーン・デイ(Green Day)の他、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)がライブ・パフォーマンスを行う予定で、テイラー・スウィフトが現在米ビルボード「Hot 100」第1位の最新曲「We Are Never Ever Getting Back Together」を初めてライブ・パフォーマンスすることでも注目を集めています。

現在そのデビュー・アルバム『Up All Night』が、英歌姫アデル(Adele)の歴史的ヒットアルバム『21』(330万枚)に次いで、全米で110万枚を売り上げ、今年全米第2位のアルバムセールスを記録しているワン・ダイレクション、収まるどころかさらに加速させているセンセーションの次なるチャプターに世界から注目が集まります。

(記事)”One Direction Returning with New Album in November” on Billboard

※(2012.8.29追記)アルバムタイトル『Take Me Home』がルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)のツイッターより発表されたため、本文中「タイトル未定」を同タイトルに置き換えています。


※「One Direction」の日本語表記を、日本デビューによるアーティスト表記「ワン・ダイレクション」に変更しています。

One Comment to “ワン・ダイレクション最新曲「Live While We’re Young」10月リリース、待望2ndアルバム11月リリース”

INFORMATION

現在更新を休止しております。

人気記事 TOP10

カテゴリー

»VOICEログインページ

Site5 | Experts In Reseller Hosting.
Ads by Sitemix